ナンバデンタルオフィストップ > 虫歯の予防

虫歯の予防

ご自身でのホームケアと歯科医院での定期健診が大切です

1.正しいブラッシングを学びプラークコントロール

虫歯の予防の第一歩は、ご自身での歯磨きの正しい方法を会得するところから始まります。何と言っても、虫歯菌を減らすにはブラッシングによって直接歯垢をかき出すのが一番効果的だからです。

食べ物のカスが歯の表面に付着したまま時間が経ってしまうと、それが歯垢となり、虫歯菌が繁殖するための温床となってしまいます。

それを防ぐため、歯科衛生士の歯磨き指導をしっかりと受け、なるべく食後に、寝る前には必ずブラッシングをするよう心がけてください。

2.食生活の改善をしてシュガーコントロール

食事の際に口の中で起きている脱灰と再石灰化
※図の見方
青い線がお口の中のphの値を示しています。これが真ん中の赤い線の上にある場合は、
溶けた歯が再石灰化し元に戻っている状態で、線の下にある場合は歯が溶けている状態です。
食事をするとphの値が下がり歯が溶けるということがわかります。

ある程度ブラッシングによるプラークコントロールが出来ていれば虫歯になるリスクは減ります。しかし、それだけでは完璧に虫歯を撃退出来るわけではありません。

そこで虫歯を作る原因となる糖分の摂取をコントロールする、シュガーコントロールが必要になってきます。

特に注意をしたいのは3度の食事以外の間食です。

そもそも、歯というのは食事をすると少し溶けてしまうものなのです。しかし、食間に唾液に含まれたカルシウムが補修してくれるので、歯は失くならないで済んでいるのです。

では、間食を摂ることによって、修復するはずの時間が短くなってしまったらどうなるでしょう?当然のように、歯はしっかりとは修復されず、食事の度に溶けていき、虫歯になってしまうリスクが高くなります。

「寝ている間は食べないから、その間に修復するんじゃ・・」と思われるかもしれませんが、寝ている間は唾液の流れが弱くなってしまうので、それほど歯の修復は行われないのです。

重要なのはやはり、起きている間に歯を修復することなのです。

なるべく間食は摂らなくても済むような食生活に改善し、虫歯を撃退しましょう!

3.定期検診とフッ素塗布によって完全な予防体制を

フッ素の塗布

虫歯予防の手段として「フッ素塗布」というものがあります。

フッ素は、人間の体、特に歯や骨を丈夫にする元素であり、フッ素が含まれる化合物=フッ化物を歯に作用させると、歯の表面から直接取り込まれ、歯の結晶(アパタイト)の一部になります。このフッ化物を含んだ歯の結晶は通常の歯よりも丈夫で、むし歯菌から出る酸に対してより強靭になるのです。

 
 

また、歯のエナメル質のまわりにフッ化物があると、一度溶けてしまった歯が元に戻るのを促進するので、エナメル質も補修がしやすくなるのです。

これらのことから、フッ素塗布は虫歯予防にかなりの効果があるのです。

そうしたフッ素の定期的な塗布のため、また図らずも虫歯が進行してしまっていないかなどをチェックするという意味でも、歯医者への定期的な検診は非常に重要です。

虫歯が痛んでいなくても、定期的に歯医者へ通われることをオススメいたします。

  • ナンバデンタルオフィスオフィシャルブログ
  • オーク銀座歯科 オフィシャルウェブサイト
  • オーク銀座:顎関節症噛み合わせ治療センター

医院情報

ナンバデンタルオフィス

TEL:043-293-7888 FAX:043-293-7708

〒266-0031 千葉県千葉市緑区おゆみ野3-18-2
ライフプラザ鎌取1F 105号室

診療時間
火~土曜 午前9:00~13:00 午後14:30~18:00

休診日
日曜・月曜・祝祭日

Copyright © 2010 ナンバデンタルオフィス. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー | サイトマップ