ナンバデンタルオフィストップ噛み合わせ治療 > 噛み合わせ治療が難しいと言われる理由

噛み合わせ治療が難しいと言われる理由

 

噛み合わせ治療が難しいと言われる理由(わけ)

「当院が患者様に選ばれる理由」のページ「噛み合わせ治療」のページで触れましたが、人間の噛み合わせは非常に繊細なもので、ほんの少し歯を削るといった何気ない歯科治療が、全身の健康に害を及ぼしてしまう可能性があるほどです。このように非常に繊細な技術を求められる噛み合わせ治療は非常に多くの歯科医師を悩ます難しい治療とされています。

何故噛み合わせ治療はこうも難しい治療となってしまうのか。こちらのページでは、その原因を探るとともに、噛み合わせの重要性をお伝え出来ればと思います。

日本人と欧米人で異なる「咀嚼」の方法

噛み合わせ治療の難しさを解き明かすためには、まず日本人型の咬合理論と欧米人型の咬合理論の違いについてご理解頂く必要があります。ここでは、ヒトの口腔三大機能(咀嚼、発音、嚥下)の中から「咀嚼」を例に、それぞれがどのように異なるかをご説明いたします。

ソースが決め手、食べ物を噛み切るだけで味が楽しめる欧米型食文化

欧米型咬合イメージ

欧米人がどのように食事を楽しんでいるか、それは世界三大料理の一つであるフランス料理の楽しみ方を分析すればわかります。フランス料理は、肉料理であれ魚料理であれ、はたまた野菜料理であったとしても、その味の大きな決め手となっているのは、ソースです。まだ流通機構が現代ほど発達していなかった時代に、鮮度の悪い食材しか揃わない状況でもなんとか美味しい料理をという意志のもと発展を遂げたこのソースは、フランス料理の魂と言っても過言ではありません。ですので、フランス料理を楽しむ際は、まず何よりもソースの味を十分に堪能し、その後に小臼歯と呼ばれる糸切り歯の奥にある歯の周辺で、食材を噛み切るように咀嚼し飲み込むという食べ方になります。

これは動物に例えると、ワニやライオンのような肉食獣の咀嚼方法に近いものがあります。武器でもある歯をなるべくすり減らさないよう、顎を縦方向に動かすように咀嚼する必要があるのです。学問的には、こうした咀嚼方法は「チョッパー型」と言われています。

素材の旨味を引き出す、食べ物をすり潰す日本型食文化

日本型咬合イメージ図

一方日本の食文化はどのようなものか。これは主食であるお米の楽しみ方に見て取れます。お米は沢山噛むことによって甘みが増すと言われていますが、これは大臼歯と呼ばれる奥歯を使い、文字通り臼(うす)のようにお米をすり潰しながら食べることによって甘みを引き出しているのです。これはお米だけではなく、代表的な和食である煮物なども同様です。例えば大根の煮物。これは口の中に入れただけでは味わうことが出来ません。口の中に入れ、噛み砕き、奥歯ですり潰し、そして煮汁を溢れ出させる、そのことによって味を堪能することが出来ます。

これは動物に例えて言えば、牛や馬のような草食動物の咀嚼方法と共通するものがあります。縦方向の顎の動きだけではなく、横方向にも顎を動かし、「噛み切る」「砕く」「すり潰す」「汁を搾る」という四種類の動きを、自身の歯をすり減らしながら行っています。学問的に言えば「グラインダー型」と呼ばれる咀嚼方法です。

欧米人は狩猟民族でライオンやワニのように縦方向に顎を動かし肉をかみ切り奥歯(大臼歯部)をあまり使用しないで咀嚼している顎の動きをしているのです。 それに比べて日本人は農耕民族で牛や馬のように縦方向だけでなく横方向に顎を動かしお米が甘いねとか胡麻の香りを楽しむと言った咀嚼をしているのです。

 

時代の影に隠れてしまった日本人型咬合理論

日本人の咀嚼方法と欧米人の咀嚼方法が、根本から異なるという話はご理解頂けたと思います。では治療の基礎となる学問・咬合学(噛み合わせの治療学)の分野で、日本人と欧米人で異なる咬合については、どのように扱われて来たのでしょうか。

現在発刊されている噛み合わせに関する書籍
現在発刊されている噛み合わせに関する書籍

上に挙げさせて頂いたものは現在日本で発刊されている噛み合わせに関する書籍なのですが、この中には、日本人型咬合について記述されているものはほとんどありません。ほとんどが欧米人型咬合理論についての書籍です。これが現代の日本における咬合学の現実です。

細野来馬先生書籍

細野来馬先生書籍

  細野来馬先生書籍

細野来馬先生書籍

では、日本における咬合学の歴史において、日本人型の咬合について記述された書籍が全くないかというとそうではありません。細野来馬先生によって発行された『歯冠補綴学』(1938年)や『歯冠補綴及架工義歯学』(1954年)には、欧米人とは異なる日本人の咬合、咀嚼などについての記述がはっきりと見ることが出来ます。

しかし1960年代以降、そうした日本人特有の咬合理論について言及する書籍はみるみる減っていってしまいました。そして変わって出てきたのが、欧米へ留学し歯科治療を学んだ先生方が持ち帰ってきた欧米人型の咬合理論だったのです。理論として複雑でまた治療にあたっては高度な技術が必要だった日本人型の咬合理論に比べ、欧米型の咬合理論は術式も調整も簡単で、たちまち多くの歯科医師に受け入れられることとなり、結果として日本人型の咬合理論が影を潜めてしまったのです。

日本人型の咬合の治療には日本人型の咬合理論を

食文化や咬合様式にはしっかりと日本人と欧米人の違いがあるにもかかわらず、歯科界に残された咬合理論は欧米型のものばかりになってしまいました。これこそが、多くの歯科医師に噛み合わせ治療を「難しい」と思わせている根本的な原因です。歯科医師本人としては、しっかりと咬合理論を学んでいると思っていますが、そもそもの理論が欧米人型の咬合様式を想定しているため、日本人特有の咬合様式を持つ患者様の治療にあたった場合、決して満足のいく治療につながらないのです。理論としては正しいことをしていても、患者様の満足を得られない。これでは、噛み合わせ治療が「難しい」と思われても無理はありません。

当医院は、日本人型咬合理論を学んだ歯科医師と歯科技工士によって製作した高度な補綴物をもって噛み合わせ治療にあたることが出来る歯科医院です。自由診療にはなってしまいますが、永続性が高くしっかりと身体にフィットした補綴物による噛み合わせ治療を求められている患者様のご来院をお待ちしております。

  • ナンバデンタルオフィスオフィシャルブログ
  • オーク銀座歯科 オフィシャルウェブサイト
  • オーク銀座:顎関節症噛み合わせ治療センター

医院情報

ナンバデンタルオフィス

TEL:043-293-7888 FAX:043-293-7708

〒266-0031 千葉県千葉市緑区おゆみ野3-18-2
ライフプラザ鎌取1F 105号室

診療時間
火~土曜 午前9:00~13:00 午後14:30~18:00

休診日
日曜・月曜・祝祭日

Copyright © 2010 ナンバデンタルオフィス. All Rights Reserved.

プライバシーポリシー | サイトマップ